over...?











日本テレビ系「24時間テレビ39」(8月27、28日)のチャリティーマラソンランナー林家たい平(51)の走行距離が100・5キロと29日までに決定した。このほど公開練習で発表された。腸閉塞(へいそく)で入院中の同局系「笑点」終身名誉司会の桂歌丸(79)が決めた。「100・5」という数字には、歌丸の本名・椎名巌(しいな・いわお)にかけて「いわおゴー」、「祝おう『笑点』50周年」という意味もある。
 たい平は「歌丸師匠が、語呂合わせで思いついたのはポケモンGOが出る前ですからね(笑い)。思いの込められた、とてもいい距離。マラソン練習を通して気持ちを送ります」。そして「24時間マラソンとかけて、新聞の届いたポスト」と謎かけ。「その心はNEWSが待っているでしょう」と駆けつけたメインパーソナリティーNEWS増田貴久(30)に感謝。一緒に走った増田は「リズム感がいい」と話した。























SoundScan JapanによるCDアルバム売上レポートから2016年7月25日~7月27日までの集計が明らかとなり、Hey! Say! JUMP『DEAR.』が現在1位を独走している。本作は、約1年ぶりにリリースされた5枚目のオリジナルアルバムで、シングル表題曲「キミアトラクション」やCMソングとして起用された「愛のシュビドゥバ」や「Eternal」など、全16曲が収録されている。今回の集計ですでに20万枚を突破しており、グループとしてはもちろん、個々でも活躍の場を広げているHey! Say! JUMPの勢いを感じさせる結果と言えそうだ。

 2位と3位は僅差の戦いを展開中。5.8万枚で2位なのは、スピッツの15thアルバム『醒めない』。3位は5.2万枚で、SHINeeのメンバー、テミンの1stミニアルバム『さよならひとり』。その差は6000枚となっているので、週末の売上げ次第で順位が入れ替わる可能性は十分にある。続いて、矢沢永吉が約15年ぶりにリリースしたライブCD『LIVE HISTORY 2000~2015』が4位。5位には、アニメ『おそ松さん』のドラマCDシリーズ『おそ松さん 6つ子のお仕事体験ドラ松CDシリーズ カラ松&トド松withトト子『ホストクラブ』』が入っている。

◎SoundScan Japanアルバムセールス集計速報
(2016年7月25日~7月27日までの集計)
1位:『DEAR.』Hey! Say! JUMP 20.9万枚
2位:『醒めない』スピッツ 5.8万枚
3位:『さよならひとり』テミン 5.2万枚
4位:『LIVE HISTORY 2000~2015』矢沢永吉 1.6万枚
5位:『おそ松さん 6つ子のお仕事体験ドラ松CDシリーズ カラ松&トド松withトト子『ホストクラブ』』 1.4万枚






















Hey!Say!JUMPが「27時間テレビ」に初出演。番組を通して行われた企画「FNSスーパーダンク選手権」のスペシャルサポーターを務めた。




 メンバーは番組冒頭でスーパーダンクに挑戦。9人で協力してダンクシュートを目指したが、4度続けて失敗。番組のラストで再チャレンジして見事に成功した。伊野尾慧(26)は「27時間フェス実行委員会」の一員としても27時間フル稼働し番組をサポート。「刺激的な時間でした。Hey!Say!JUMPもダンクに挑戦させていただいて、なかなか成功できなかったんですけど、最終的には一度成功できて良かったんじゃないかな」と満足げに語った。







みなさん、
お疲れ様でした。













このページのトップヘ