over...?













女優の米倉涼子(41)が主演を務めるテレビ朝日の人気ドラマ第4シリーズ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(木曜後9・00)の第9話が8日に放送され、平均視聴率は22・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが9日、分かった。9話中8回目、7週連続8回目の大台突破となった。

 初回20・4%は今年の民放連続ドラマ初の20%超えとなり、いきなり今年の民放連ドラ1位を記録。第2話は19・7%と微減したものの、第3話は前枠「日本シリーズ 日本ハム×広島 第5戦」の生中継が延長して50分遅れの放送開始ながら、今シリーズ最高となる24・3%をマークした。第4話以降も21・3%、第5話20・4%、第6話21・5%、第7話22・2%、第8話20・7%と推移。第9話も22・6%を叩き出した。

 「13〜15%でヒット」と言われる現在のテレビドラマ界において驚異的な数字を連発し、今年の連ドラNo.1のメガヒットはほぼ手中に。異次元のハイレベルな水準で独走している。

 第7話(11月24日放送)は総合視聴率(リアルタイム視聴率とタイムシフト視聴率の合計=重複は差し引く)30・1%と自己最高を更新(リアルタイム22・2%、タイムシフト9・5%)。録画再生も含め、絶好調をキープしている。

 孤高の天才外科医・大門未知子(米倉)が金と欲にまみれた病院組織にメスを入れる人気医療サスペンス。2年ぶりのシリーズ第4弾は天敵・蛭間重勝(西田敏行)率いる国内最高峰「東帝大学病院」が舞台。医療の本質を見失い、病院の格付けに躍起になる“白い巨塔”に立ち向かう。

 第9話は、蛭間(西田敏行)はライバル関係にある大学病院が最新の病院ランキングで1位を獲得したことで、医師たちにハッパを掛ける。蛭間の妻・華子(藤真利子)が率いる婦人会と、ライバル病院の院長の妻・律子(高橋ひとみ)が率いる婦人会の関係もピリピリムード。その中、未知子(米倉)は晶(岸部一徳)に連れられ、2つの婦人会の親睦会に顔を出す。その最中、律子側の映美(中山忍)が倒れる。未知子は映美を蛭間の病院に救急搬送するが、華子は映美を受け入れることに猛反対する…という展開だった。






















12月31日から1月1日にかけて、ジャニーズのカウントダウンコンサートの開催、及びフジテレビによる生中継放送が発表された。毎年恒例ではあるものの、過去には突然テレビ放送がされなかった年もあり「今年はあるのか?」と、ファンはヤキモキした日々を過ごしていたところ。発表と同時に、Twitterでは「カウコン」「ジャニーズカウントダウン」がトレンド入りするなど、注目を集めている。

 ジャニーズ公式HPによると、出演者はTOKIO、V6、タッキー&翼、NEWS、関ジャニ∞、Hey! Say! JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone、A.B.C-Z、ジャニーズWEST、東山紀之、岡本健一、佐藤アツヒロ、山下智久、中山優馬、内博貴、屋良朝幸、その他ジャニーズJr.の予定。加えて、フジテレビのHPでは嵐とKinKi Kidsがリスト入りしており、『NHK紅白歌合戦』との兼ね合いで、中継もしくは映像出演になるのではと予想される。今年のカウコンについて、芸能ライターの佐藤結衣氏に聞いた。

「今年の目玉は、やはりTOKIOとV6の存在感ではないでしょうか。ジャニーズのカウントダウンコンサートは、96年V6の年末コンサートが始まりでした。もう20年の歴史があるんですね。97年からは、V6とTOKIO、KinKi Kidsによる限定ユニット・J-FRIENDSが阪神大震災のチャリティーを込めて出演したという経緯もある。KinKi Kidsのおふたりが会場に登場するかはまだわかりませんが、J-FRIENDSの3組が揃えば、往年のジャニーズファンも感慨深いと思います。また、先日放送された『ベストアーティスト2016』(日本テレビ系)では、V6の長野博さんの結婚をジャニーズ勢で胴上げして祝うシーンがありました。それを率先していたのはTOKIOです。TOKIOのみなさんは、根っからの冒険少年たち。周囲を巻き込んでお祭り騒ぎをするのは大の得意なので、今年のカウコン生放送では何かやらかしてくれるのではと、個人的にはワクワクしています」

 ここ数年は、KinKi Kidsが大晦日から元日にかけて東京ドーム公演を行ない、そのステージを活用してカウントダウンコンサートが開催されてきた。しかし、今年はKinKi Kidsが『NHK紅白歌合戦』に初出場するため、例年とは異なる展開に。代わりに、このスケジュールで東京ドームに立つことになったのはHey! Say! JUMPだ。

「12月の東京ドームは、15日から18日に関ジャニ∞、22日と23日にKinKi Kids、26日から28日に嵐、そして31日と1月1日はHey! Say! JUMPと、まさにジャニーズコンサートのオンパレード。そのなかでも、年末年始をJUMPが担当することになったのは、2016年でバラエティや映画、ドラマと各メンバーが活躍を見せたことはもちろん、2017年に年男になるメンバーが4名もいるからではないかと思います。カウコンでは、一夜限りのユニットとして年男のメンバーがフィーチャーされます。Hey! Say! JUMPでは、山田涼介さん(1993年5月9日生まれ)、中島裕翔さん(1993年8月10日生まれ)、知念侑李さん(1993年11月30日生まれ)、そして岡本圭人さん(1993年4月1日生まれ)が年男。しかも、岡本さんは父親の岡本健一さん(1969年5月21日生まれ)と親子で酉年というタイミングの良さでもある。さらに、ジャニーズWESTの藤井流星さん(1993年8月18日生まれ)、神山智洋さん(1993年7月1日生まれ)、A.B.C-Zの橋本良亮さん(1993年7月15日生まれ)も年男ということもあり、“華の93年組”が大いに盛り上げてくれるでしょう」

 ほかにも、関ジャニ∞の横山裕(1981年5月9日生まれ)、渋谷すばる(1981年9月22日生まれ)、タッキー&翼の今井翼(1981年10月17日生まれ)と、ジャニーズJr.黄金時代を築いたメンバーも年男に。渋谷といえば、昨年のカウコンで行なわれた『お年玉企画 初夢2ショットBEST5』で、“東の滝沢、西のすばる”と描かれたTシャツを着込んで、滝沢秀明とコラボ姿を披露して話題になった。

「やはり、グループを越えた共演が、カウコンの最大の魅力だと思います。今年は、東山紀之さんや佐藤アツヒロさんなど、レジェンドクラスの大御所も多数出演される予定です。こうなると、例年“お年玉おねだり大作戦”でファンを盛り上げているV6の岡田准一さんの動きにも注目したいところ。過去にも、多くの先輩方からお年玉をゲットしてきた岡田さんは、三宅健さんからも“お年玉妖怪”と茶化されているほど。すでに出演者リストを見たファンが、『今年は大先輩からゲットすることができるのか楽しみ』といった内容のツイートがされているのも、微笑ましいですよね(笑)。ジャニーズにとっては怒涛の2016年でしたが、ラストはみんなが笑顔になるようなコンサートになってほしいと思います」

 今年のカウコンは、例年にも増して見どころが満載な一夜となりそうだ。『ジャニーズカウントダウン 2016-2017』(フジテレビ系)は、12月31日23時45分から24時45分まで放送予定。ジャニーズ勢総出の祭典で2016年を締めくくり、明るい年を迎えようではないか。
















お台場観光スポットならマダム・タッソー東京!



レゴブロック




通販情報をいち早くお届け󾬚
kawaii★collection

ゆめかわいい.com
http://blog.crooz.jp/melodywhite

通販ときどき大人買い󾬌
http://printjewel.blog.fc2.com/
グルメ 食品毎日通販
http://gurume.2chblog.jp/
お取り寄せグルメ★通販情報

ジャニーズ出演情報更新中
over...?












ジャニーズの若手アイドルが多数出演する新作舞台「ジャニーズ・オールスターズ・アイランド」(作・構成・演出・ジャニー喜多川氏)が3日、東京・帝国劇場で開幕した。「すべて事実に基づいた舞台」とジャニー氏。ステージでは「Sexy Zone」の佐藤勝利(20)が9月に父親を亡くしていたことが明らかになった。佐藤は「父の花道になればと思った」と悲しみを胸に、熱演を繰り広げた。

 佐藤の目に光るものがあった。心の底からあふれ出た涙だ。「この名前(勝利)は父さんが付けてくれた。父さんのためにも負けるわけにはいかないんだよ。俺の父さん、死んじゃったんだよ」。うなだれながら絞り出したセリフは、現実に起きた出来事だった。

 闘病生活を続けていた父親は、9月に57歳という若さで亡くなった。詳細こそ明かさなかったが、誰よりも息子の活躍を喜ぶ父親だった。8月のソロ公演も、客席に父親の姿があった。「舞台もライブも毎回見に来てくれていた。病気になって、寝たきりで座るのもつらいときがあった。それでも我慢しながら見に来てくれたときは、本当にうれしかった」。わずか7分しか座席に座っていられない日もあったという。

 舞台開幕の数日前、ジャニー氏から物語に盛り込むことを提案された。父が亡くなって2か月余りのころ。佐藤は葛藤しながらも「事実をどこまで入れるのか、悩んだ。姉に言われた。『父がステージに立てるんじゃないか』。誇らしいことだと思った」と決意した。

 ジャニー氏なりのメッセージが込められていた。「地球のすばらしさ」「平和の尊さ」「平和の象徴としてのショービジネス」をテーマに、12年から毎年「ジャニーズ・ワールド」を上演。4年ぶりの新作は「物語というより、ドキュメントのような舞台。事実の重みが、きっとお客様にも大きな勇気を与える。事実は小説より奇なり」とジャニー氏。佐藤だけでなく、ジャニーズJr.3人組「Mr.KING」の平野紫耀(しょう、19)も、ジャニー氏が当て書きしたセリフで「俺が東京に出るとき、母親の頭に悪性腫瘍が見つかった」と今も闘病中であることを打ち明けた。

 今作の出演者は総勢80人近くに及び、テーマは「全員が主役」だ。それぞれに見せ場があり、舞台の中で、いま生きていることの意味を訴えかける。「改めて父が付けてくれた名前の意味を考えた。余計に負けられないと思った。絶対に負けないという思いがこみ上げてきた」と佐藤。悲しみと向き合い、来年1月24日の千秋楽まで、日々成長を続ける姿を天国へと届ける。















お台場観光スポットならマダム・タッソー東京!



レゴブロック




通販情報をいち早くお届け󾬚
kawaii★collection

ゆめかわいい.com
http://blog.crooz.jp/melodywhite

通販ときどき大人買い󾬌
http://printjewel.blog.fc2.com/
グルメ 食品毎日通販
http://gurume.2chblog.jp/
お取り寄せグルメ★通販情報

ジャニーズ出演情報更新中
over...?

このページのトップヘ